金属製の印鑑

金属製の印鑑イメージ

昔は実印と言えば、やはり自然素材のものを使う人が多く、象牙の印鑑や水牛をつかった印鑑を登録している人がほとんどでした。
自然素材のものは今でも実印として利用している人は多く、やはり人気の素材と言っても良いでしょう。
そのため、自分で使うのだけに限らず、どなたかへの贈り物として、自然素材の実印をプレゼントされる人も多いです。

ですが最近ではさらに変わった素材の印鑑も増えてきており、そちらのほうが喜ばれると言うことも少なくはありません。
変わった素材の代表としては、やはりチタンを使った印鑑でしょう。

チタンは、鋼鉄と同じ強度を持つと言われている金属で、その強度からジェット機などの本体に使われることもある素材です。
チタン印鑑の一番の特徴は、その強固さです。

鋼鉄と同じ強度ですから、踏んでも落としても、いっそ車にひかれたとしても欠ける可能性はほぼ0パーセントです。
また、印鑑で一番懸念される押印部分の削れが、チタン印鑑ですと一切心配が要りません。

いくら使ってもいつまでたっても同じ姿形のままなのです。
そのため本物の「一生もの」と言える印鑑ですから、実印にはぴったりです。
現在の若い人たちには、象牙や水牛の印鑑より、こちらのチタン製の印鑑の方が好まれています。

また、最近ではアルミでできた印鑑などもでてきており、消耗しない、欠けにくいという印鑑にとってはこの上ないくらい条件のよい素材が次々とでてきています。
自然素材の印鑑も捨てがたいですが、チタンなどの新しい印鑑も実印にはおススメです。

ページの先頭へ