水牛を使った印鑑

水牛印鑑イメージ

実印は、印鑑登録をするための大事な印鑑になります。そのため、できるだけ良い素材の印鑑をそろえてあげましょう。

印鑑の素材は皆さんが思っているよりもたくさんあり、値段もピンからキリまであります。
実印の素材として最適な条件は、やはり押印性に優れていること、欠けたり破損しにくい素材であることが重要です。

実印として一番適していると思われる素材は、やはり印鑑の中でも最高級に値する象牙を使用した印鑑でしょう。
象牙は一時期ワシントン条約によって日本への輸入は禁止されていましたが、現在では一部のみ輸入が認められています。

そのため、あまり数量が手に入らないという点も相まって印鑑のなかでは高級な部類に属しています。
しかしながら、その押印性や紙写りの良さは一級品で、実印にもとても適している素材です。

また、印鑑の中では水牛の印鑑もとても有名でたくさんの人に親しまれています。
特に黒水牛の印鑑は東南アジアの水牛の角を加工したもので、漆黒のボディがとても美しい一品です。

黒水牛は印鑑のほかにもさまざまな用途で使われることが多く、私たちの生活にもとてもなじみのある素材と言えるでしょう。
また、黒水牛の印鑑はとてもデリケートで保管にも注意が必要ですので、取り扱いには十分注意しましょう。

他にも実印の素材として適しているものはさまざまありますが、特に象牙、水牛の印鑑がおススメです。
ただし、やはり値の張るものが多いですから、お店の人におススメを聞いて、財布と相談して用意することをおススメします。

ページの先頭へ